top of page
検索

自然学校リーダー前期ミーティング

当団体でお伝えしている自然学校は、兵庫県で実施されている5年生の学校行事を示したものです。




ここ数日、本当に熱い日が続いています。

また、比例するようにコロナも爆発的に増え、今後の自然学校も期間が短くなったり、日帰りに変わったりなど、現在検討している学校も多く出てきています。


学校としては、「安全に実施したい!」が一番だと思っています。

親御さんとしては、何よりも心配。どう安全なのか、どこに危険があるのか、実施する価値を再度確認したいという気持ちも大きいように感じます。

子ども達としては、やはり3泊以上した子ども達からは、「やってよかった」「もっと行きたかった」など前向きな意見が多く聞けたように感じます。


そんな中、自然学校のベテラン、プロとして参加している我々ができることを

前期を振り返り、主要メンバー中心でふりかえりを行いました。


■今年度の特徴とその対策

・湿度が高く、粘りのある暑さへの対策、対応の徹底

(活動場所の工夫、水分補給、塩分補給、ふりかえりタイムの活用など)

・長期(3日以上)実施が増え、コロナ対策以外の健康管理の徹底

(汗対策、手洗い、体力や疲れも対応、身体の冷えやほてり対策など)

・野外炊飯では、いくつものコロナ対策を行い実施

(4日目以降の実施、手袋の使用、防災パックの使用など)

・新指導要領や令和の日本型学校教育の反映

(ふりかえりタイムの導入、個の学びと集団での学び、また全体への共有、一般化の意識)


今年度の大きな特徴としては、コロナの影響はあるものの

これまでの自然学校よりも【協働的な学び】の質への先生達の意識が非常に高いという印象を受けたこと。また、それにちなんだ個の学び、ふりかえりの時間確保、リーダー達の活用など


コロナによって<みんなで活動する>機会が減ったことで、より学校での<みんなで活動する(協働的な学び)>を重要視されているように感じています。


9月以降も、この流れを活かし、安全を前提とした学びのある体験学習が行われることを願っております。最終の方法としては、日帰りにすることはできますが、一生に一度の自然学校ぜひとも宿泊のある自然学校を体験させてあげたいと我々は望みます。そして、そこに対する情報共有、指導法、実践事例などの協力は惜しみません。


子ども達の感動体験、自然体験、集団活動体験のこの機会をできる限り、支援していきたいと考えています。


引き続き、9月以降も自然学校は続きます。

コロナへの意識はもちろんですが、この機会を十分に活かせる運営を期待しています。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事務局 繁忙期に入りました!

マイスタンスコミュニケーションは、今年度リーダーも60人→100人になり どんどん増え続けています。 自然学校リーダーも100人弱となり、こちらも新メンバーも続々と増えております。 それに合わせ、事務局スタッフも数名増員となっております。 しかしながら、繁忙期になるとすべてのスタッフが現場に入るため 昼間の連絡がつながりにくい状態になります。 夜間、早朝などにお返事をお返しすることも増えてくる時期

2024夏案内完成!先行受付を5月中旬開始予定

夏の予定も決まり、ホームページには載せておりますので ご覧頂ければ、最新情報が確認できるかと思います。 すべての市の後援申請も承認がおり、学校配布を行っていきたいと思います。 5月中旬~下旬を検討しております。 ご協力いただける学校様も多くありますが、年々減ってきているのが心配です。 皆様のお力添えもあれば、非常に助かります。 詳しくは、事務局へメールください。 直接希望される方もご連絡お待ちして

Bình luận


bottom of page